ZUMBAとピラダンス®︎ の違い

皆さまこんにちは!

90日でカラダの使い方を変える

骨格フィットネス「ピラダンス」

インストラクターの吾妻えれにです


「ただ鍛えるのは楽しくない」

などの理由でダンスエクササイズがとても人気です



中でもZUMBAは世界的に有名なダンスエクササイズで

インストラクターも沢山いらっしゃいます















ラテンダンスの要素とエクササイズを組み合わせたエクササイズプログラムですが

インストラクターのジャンルによってはHIPHOPスタイルだったりするみたいです


「イェーイ!!」


って感じでいかにも楽しそう🎵

虜になる気持ちもわかる気がします



ZUMBAの他にもダンサーが作ったダンスエクササイズなど

たっくさんありますが・・・



ピラダンスとその他のダンスエクササイズの大きな違いについて

今日はお話しさせていただこうと思います




エクササイズのプログラムには大体謳い文句がつきものです

よくあるのが


「1時間で最大1000kcal消費!」


だとか


「簡単な動きで体脂肪を燃やす」


みたいなやつです✨



痩せたりカラダを絞るのには動いてカロリーを消費するのが1番!

という考えにもとずいてプログラムが構成されていて


「どのぐらい汗をかくか」


みたいなところに重点が置かれています


カロリーを消費=痩せるというのは大正解ですから

痩せたい人にはもってこいのプログラムですね!



一方ピラダンスの考えは「筋肉」に焦点を置いている

というのが最大の違いと言えるでしょうか



特に普段使っている筋肉っていうのは

外側にあるアウターマッスルで

このアウターマッスルは鍛えると大きくなります


1時間集中してダンスを踊るとある1部分だけが非常に疲れる・・・


っていうことがよくあります


これはその人のカラダの使い方が関係していて

カラダは強い筋肉を優先的に使うようにできています


なので前ももが張ってしまう人は日常的にその筋肉を使っていますし

ふくらはぎの外側が疲れるという人はそこばかり使っているんです


その動き方で動き続ければ


前ももやふくらはぎの外側はどんどんと鍛えられ

細くなるどころかガッチリと筋肉が太くなっていきます



このクセを解消しない限り部分的な悩みや部分痩せはできないのです


ピラダンスでは動きの中でその人の使いやすい(強すぎる)筋肉を緩めて

インナーマッスル(普段使っていない筋肉)を使って動けるように

トレーニングエクササイズをしていきます



インナーマッスルは骨や骨盤に密着してついている筋肉で

鍛えても大きくならないという特徴があります


そしてインナーマッスルが強くなると消費エネルギーの7割といわれる

基礎代謝を上げることができます



なので結果的にカラダの形自体が変化していきます


こちらは2ヶ月の変化です↓




















一回だけでもここまで変わります↓





















特にお腹周りや骨盤周りで大きな変化をしています



このように全体的なカロリー消費よりも

日常的なカラダの使い方を変えることで部分的に効果を出しやすい

という特徴がありますので「部分痩せをしたい」という方は

一度ピラダンスを体験してみてください





次回の動画レッスンは骨盤の動きに焦点を当てたレッスンです↓



















動画は

ピラダンスLINE公式アカウントにて

お友達限定ピラダンス動画や

お役立ち情報を配信いたしますので

ぜひ以下よりお友達追加をお願いいたします




0回の閲覧

​© 2016 by PILADANCE JAPAN. Proudly ElleniAzuma

​お問い合わせ0120−926−504  info@piladance.com

東京都 渋谷区 日本