リズム感が良くならない理由 その2

皆さまこんにちは!


90日でカラダの使い方を変える

ピラダンスインストラクターの吾妻えれにです



前回の記事でリズム感の良し悪しは

「音の聞き方」にポイントがある

とお伝えしました


普段音楽を聴くときには

歌声(アーティストの声や旋律)を中心に聴くと思います



でも、「ダンス」となったときに

ビート(リズム)しか聞けなくなります・・・



これがリズム感が悪くなるポイントなんです



ダンスの時にも歌声とリズムを

同時に聞けるように練習しましょうね!






では次に重要になってくるのが

音の表と裏。


「表」と「裏」・・・



「裏ぐらい取れます!」

という人も



「表」と「裏」の両方を感じる

ということができないんです



「裏」だけが取れてても

それは「表」しか取れないことと

全く変わりません。。。汗




両方意識できることが重要なんですね!

ぜひ練習の時に意識してみてくださいね





リズム感を良くしたい方の為の集中講座

【ダンスを始めるためのリズムトレーニング】

是非ご参加ください↓


「リズム感に自信がない」

「何でできないのかチェックしてほしい」

というお悩みの方に

ウェブスクールを開講しています



公式LINEアカウントより

私に直接コンタクト可能です



今だけLINEにお友だち追加で

ピラダンス無料体験へご応募いただけます

ぜひ友だち追加してくださいね↓


​© 2016 by PILADANCE JAPAN. Proudly ElleniAzuma

​お問い合わせ0120−926−504  info@piladance.com

東京都 渋谷区 日本